おさんぽカメラ

2009年2月 2日 (月曜日)

不思議な世界へようこそ!らくだレース

念願かなって,苦節1年(短っ)ようやくらくだレースを観戦の機会が巡ってきました。

R0010595

昨年のらくだレースの顛末はコチラから。→「らくだレースのバカ・・・。

今年はドバイを離れ,アブダビの内陸部にあるオアシスの町,スウェイハンまで
行ってきました。直線にしてざっと80Kmといったところでしょうか。
行きはルートを大回りしたのと,迷い迷って100kmくらい走りましたかね。は・は・は。

今回のらくだレースは,ぱぱさんの仕事でお付き合いのあるアブダビの販売会社が
レースの協賛をしているとのことで,ご招待をいただいての観戦になりました。

当日はぱぱさんの会社の方数人とアブダビに入る寸前のガソリンスタンドで
待ち合わせました。が,

R0015198

滅びていますた。
お・また予測外の出来事ですね。そんなことには負けませんよぉ。

滅びたガソリンスタンドで問題なく参加者全員が合流できましたので,
いよいよアブダビに向けて出発です。
アブダビでご招待してくれた販売店のおとうさんと待ち合わせです。が,

待ち合わせ場所が見つかりませんがな。だって,

R0015209

目印になりそうな物がなーんにもありません。
スウェイハンを目指せ,橋を渡ったところにいる。ってどこだ,橋。

おとうさんとTELで連絡を何回も取りながら,男ズが地図を前に頭突合せ,
1時間ほどもぐるぐる回ってようやく合流。

そこからまたまた1時間,砂漠の中の町・スウェイハンにようやく到着です。

らくだレース。みなさんは,どんなレースを想像しますか?
昨年の情報・予備知識から,まぁ~お金持ちアラブお父さんの週末の道楽?
ナッド・アル・シバにあるコースの感じからしても草競馬もとい,草らくだレース。

って,思ってますた。

連れて行かれた場所は壁に囲まれ,入口はなんと,VIP入口。
今回のレースでは,案内役をしてくれたおとうさんの売会社で賞品を出している
ことから,おとうさんVIP待遇。で,一緒に連れて行ってもらった我々もVIP待遇で
入れてもらえました。

敷地内はレース場。ではなく平屋建ての大きな建物が。室内レース場?
そんな訳はないよねぇ。とりあえず促されるまま中に入ります。

このレース,王族の方々も観戦にいらしてましたので,建物の入口には
セキュリティーゲートが設置されていました。が,
そこまでやっておいて,バックの中身はノーチェックという・・・。
これは何の為のチェックですか~?みたいな (^^;

中に入ると,

R0015226

なんだかとっても場違いな感じが(^^; 絨毯が敷かれ,シャンデリアにソファー。
オープニング・セレモニーでも始まるのか,すでに正面席には王族関係者のみなさん
(シェイク,もしくはシェイクに近しい人)が着席しています。
とりあえず座れとおとうさんに指示され,席に着くこと数分。

アナウンスなど何もなく,何かが始まる気配もありません・・・ちょっと不安が。

結局そこでは何もなく,係員に案内されるまま付いていった場所には,

R0015229

なにやら豪華なお食事が用意されていました。
でっかいエビや魚。羊の丸焼き(の一部),パスタやライス,サラダetc。
テーブルの上にどっさり。わ~・・・・・。

そこでも何の挨拶も説明もされず,「さぁ,食え!」みたいな(^^;
周りの方々の様子を窺ってみても,
席に着いたらさっさと食事を始め,何の疑問もない様子。

段取りがさぱーりわかりません。誰か説明してください (-"-)

食事の後はまたまた車で移動。ようやくらくだレース場に到着です。
おとうさんの顔PASSでいい席をGETさせていただきました。

ここまでのおとうさんの行動を見ていると,招待状を見せる訳でもなし。
知り合いを見かえると「やあ!」,入口で「やあ!」ほとんど顔PASS。
らくだレースを観戦しようと思ったら,アラブ人を仲間に加えた方がいい。
と・いうのはこういうことだな。と実感。

さて,いよいよお楽しみのらくだレースがスタートです。
らくだレースは小学校低学年くらいから20代前半くらいまでの騎手の年齢別で
クラス分けがされています。
1回のレースに出走するらくだは15~20頭くらいかな?その時々で違うようです。
コースの距離は3,000m。およそ8分で走り切るそうです。

が,本日何レースあるのか?などのアナウンスは全くなく,
優勝者に対しては賞品が与えられる。とか,レース参加のらくだ・トレーナー・騎手
の全てに何らかの利益が与えられるが云々。とか

そんな説明がされている間に,コース脇ではアラビック・ダンスがご披露され,
マーチングバンドが行進している向こう側を,

Dsc_8050

らくだが,すったか・すったかと・・・・・。

Dsc_8058

何故か,らくだ単独走行も。

出走前のご紹介と思いきや,第1レース終了!おや~?
いつスタートしたのか,さぱーりわかりませんでした (^^;

Dsc_8046

一回のレースで15~20頭くらいのらくだが出走しているはずなのに,
ゴール前の競り合いはこの程度です (^^;
ほとんど競り合うようなこともなく,1着が到着してからビリが到着するまで
少々時間を要します。イメージとしてはマラソンのゴールといった具合。

あ~一言で言い表わすとしたら・・・「ほのぼの」って言葉がぴったりかなw。

スタート地点はどうなっているかというと,

Dsc_8094

こんな感じです。ただ並んでるだけ。順番があるだかないだか。
らくだの顔の前にあるフェンスがするすると,上にあがるとスタートです。

で・疑問。
このらくだの前にいるプロテクターを着けたオヤジはいつまでそこにいるのか?

さぁ!各馬(各らくだ)一斉にスタートです!

Dsc_8107

Dsc_8108

Dsc_8109

正解は,らくだが走りだギリギリまでそこに留まりらくだを制御します。
スタートしたら蹴られる前に必死に逃げる。でした。

危ね~。危険度高しですが,申し訳ないけど笑えますw。
この人間の動きにらくだもびっくりするようで,逆走したり座りこんじゃうらくだも居たりして
大騒ぎの大混乱状態です。

Dsc_8113

がんばれよ~。
スタート1分後くらいはまだレースっぽい眺めですが,

Dsc_8118

あっという間にバラけだし,

Dsc_8121

すぐにぱらぱらと単独走行。

レースというにはゆるい展開が,これでもかと続きます。

そんならくだレースに笑い,癒された1日。
らくだレース。アラブな雰囲気も楽しめるイベントです。これはおすすめ。

とはいっても,らくだレースはアラブ人金持ちの道楽的イベント色が濃いのです。
(↓らくだに並走しているのはオーナーさんの車です。)
ドバイ近郊でもらくだレースは11~3月の木・金曜日におこなわれていますが,
予定は未定のかなり気まぐれスケジュール。
主催者とらくだオーナーの気分次第でスケジュールが変更していってしまうという。

Dsc_8054

予定では開催される日のはずなのに,行ってみたら誰もいない。とか,
明日あることを確認してから行ったのに,誰もいない。とか。

まぁ,アラブらしい時間に縛られない,のんびりしたイベントですね (^^;

観光でドバイに来て,らくだレースを観戦するのは観光客にはかなりハードルが高いと
思われますので,もしそんな機会に恵まれたらぜひ!

不思議な世界を体験できますぞw。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月12日 (土曜日)

こなつの顔は,認識できないってか(-"-)

我が家のコンデジの主力はCASIOのEMILIMです。ぱぱさんのお気に入り

起動も早く,写真の色もきれいに出ますし,軽くて扱いやすく,操作も簡単。
などなどの理由から,長いこと我が家の主力コンデジとして活躍しています。

この「毎日が小夏日和」の写真も,2007年9月まではEXILIM EX-S100
EX-S600を使用していました。
現在はNikon D40xRICOH GR DIGITALⅡをメインに使用しています。

今だに名機の誉れ高い,EXILIM EX-S600はぱぱさんの仕事の相棒に。

とはいえ,新しいモデルが登場すれば興味も沸くし欲しくなるのが人情だよねぇ。
今年2月に発売された,EXILIM ZOOM EX-Z80EXILIM CARD EX-S10
ぱぱさん的にはこの2機種が気になって仕方がなかった様子。

機能が,色が,デザインが,薄さが,とか何やらいろいろ悩んでいたようですが,
夏のボーナスの一部が商品券として早めに手に入っちゃったので,

Dsc_4499

本日やってきました。EXILIM ZOOM EX-Z20です。

って,悩んでたのと違うじゃん!と思われるでしょうが,仕様はEX-Z80と同じです。
このEX-Z20,日本では「学校・教育等対応モデル」のため市販されていないようです。

そして,EX-Z80にはないカラー「
ぱぱさん,このレアアイテムにやられてお買い上げ~です。

それにしても,いまどきのコンデジは高性能ですねぇ。

自分の顔を登録すれば,いつでも自分優先。どこにいても自分にしっかりピントが合う。
とか,一度顔を見つけたらその顔を自動追尾してピントを外さない。とか。

失敗がなくて至れり尽くせり。って,おもしろいか?それ。

まぁ,せっかくある機能なので,

Dsc_4497

こなつの顔を登録してみましょう。

あれ?できないよ。

人間の顔とはあまりにも,こなつのというかわんこの顔の作りが違うので,
カメラが顔として認識できないようです。

おかしいんじゃないのぉ?なんでこなつの顔を認識できないのぉ?

Dsc_4496

こんなに可愛いのに。ねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日曜日)

休日の朝らしい朝

1週間のご無沙汰です。この1週間,まぁ特記事項もなくのんべんだらりと過ごすうちに新年度が明けましたね。

とはいえ,ドバイでは4月は特に区切りではなく,new year でもなければ new school termでもないし。街は平常通りで,なーんとなく新年度が明けたってかんじです。

しかしながら,日本企業で働くぱぱさんは日本のカレンダーに縛られているので,
やはり年度が変わるこの時期は忙しく,週末の午前中はほとんど起動しない(できない)のが常ですが・・
昨日はこなつに無理やり起こされてめずらしく常識的時間に起床。

R0011026

これから先はいよいよ暑い時期に突入です。本格的に暑くなる前にと,

R0010951_2

open cafe の朝ごはんに行ってきました。朝の日陰はまだ涼しく,うーん爽やか。
早い時間は観光客も少なく,アラビーさんんも午前中のうちにはあまり活動しないので,人が少なく快適です。

R0010942

景色もばっちぐーでございました。

R0010952

途中,中国人観光客がどやどやと来て景色を写真に撮っていましたが,概ねのんびりと朝の時間を堪能したのでした。

こなつもバックの中でおやつを貰ってのんびり・・とはいかなかったようですが。

その後,寄り道をして帰宅。その寄り道先のおかげで

Dsc_2164

こなつ,憮然。寄り道先は次で。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日曜日)

らくだレースのバカ・・・。

世の中上手くいかないというか・・・アラブクオリティーだから仕方がないというか。

3月28日,金曜日。キャメルレースを観戦しに行ってきました。

ドバイのキャメルレースは,11月~3月頃の涼しい時季,毎週木曜日と金曜日の6:30からと14:30からの2回開催されています。

R0010595_2

場所はNad Al Sheba の競馬場近くにあるキャメルレース場です。ここNad Al Sheba は毎年3月にDubai World Cup が開催される競馬場です。

今年は胃痛による検査のための病院通いもあったりで,シーズンぎりぎりにはなりましたが,せっかくだから行ってみようということで出かけたのが・・・・,

先週(3/21)のこと。

キャメルレース場には人影がまったくなし。
Nad Al Sheba の競馬場で確認したところ,キャメルレース場はBab Al Shams に移転したことが判明。(-"-)

場所が微妙に遠いため,今週(3/28) に出直しとなりました。
目指すはBab Al Shams Desert Resort & Spa ・・・の近く。Dubai International Endurance City です。

R0010778

ドバイの喧騒を離れて砂漠のオアシスへ。の説明とおり,砂漠の真っただ中です。それでもドバイ国際空港から(市内の渋滞に捉まらなければ)45分だそうな。

Dubai International Endurance City の周りはこんな感じ

R0010773

です。って,ひとっこひとりいません。

結論。キャメルレースは3月中旬でシーズンが終了したそうです。(-"-)

前日,ぱぱさんがNet検索をしたり,人伝に開催を確認したりと万全を期して出かけたのに,これだもんなぁ。
それに,3月28日・29日はDubai World Cup 開催日だったのも影響したようです。

らくだレースの真相
その1.らくだレースは観光客のためではなく,そもそもはラクダのオーナーさんが
     楽しむものなので結構不定期。開催自体がなくなったり,2回のはずが
     1回になったり。
その2.らくだレースを取り仕切っているアラブオヤジがいるので,らくだレースが
     開催されるかどうかは,そのオヤジの携帯Tel に直接電話して確認をする
     のが確実。

何というか・・計画性0の感じがアラブちっくで,「世の中上手くかねぇな。」というよりは,「相手はアラビーだからな。」で諦めがつくというか。

Dsc_0425

仕方がないので,こなつさんに走ってもらいました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日曜日)

bird-watching ですがなにか?

そこに奴らが居ることは知っていました。車で通りかかると,時々群れが見えていましたから。
「あ・いるよ!」とか「あそこで見れるんだって。」といっても「ふ~ん。」くらいで,あまり(というかほとんど)関心が無い様子のぱぱさんが,どういう風の吹きまわしなのか「週末見に行こう。」と。

場所はちょうどDubai Creek の今現在の最終地点付近。かなり広範囲のLagoon になっている場所に奴らはたむろしています。

R0010453

あ・もちろん自然のLagoon ではなく人工的に作られたものです。
このあたりも,このLagoon を中心に開発されていく予定のようです。実際にあちこちこで建設工事が進んでいますし,レジデンスの分譲も確か始っていたような・・・?

逆側の景色はこんな感じ。

Dsc_1936

砂に霞んでいますが,Emirates towers をはじめとする高層ビル群が近くに見えています。こんな街中にLagoon があるのもなんですが,ここで何が見れるのかというと・・・

Dsc_1924

コレ。

これで判ったら素晴らしいですが,如何せんこれでは判別不能でしょう。
正解は続きをクリック!

続きを読む "bird-watching ですがなにか?"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月曜日)

昨日はお天気が良かったので

まぁ・・毎日お天気はいいのですが。
ここ最近のドバイは,風が涼しく過ごしやすい季節になってきました。ので,日中にお出かけもできるようになってきました。

真夏は日中のお出かけなんて,とてもとても・・・。

Dsc_0267 こーんなにいいお天気なんだもの。カメラもってお出かけしない手はないでしょう。

Dsc_0180 今回のお出かけ先はBur Dubai (バール・ドバイ)地区です。以前住んでいたDeira (デイラ)地区のCreek (運河)を挟んだ対岸側になります。

いつもは通りかかるばかりだったので,改めて行ってみようということになりました。

Dsc_0194 このあたりはCreek を挟んでGold Souq とOld Souq が向かい合っているので観光客で賑わっています。

Dsc_0185 写真ではあまり賑わってませんね・・・。ここは観光客相手というよりは生活をしている人向けSouq です。

Dsc_0189
とはいえ観光客も多く訪れるので,お店のおやじもフレンドリー。
10Dhsのパシュミナストールを買え買えと声をかけてきますが・・・。
300円でパシュミナが買えるか!(-_-#)。
ここの通りはアラビックな衣装や,サリーのオーダーメイドのお店が多く軒を連ねます。

Dsc_0219_3  Old Souq を抜け,Creek を渡ります。渡る手段はAbra(水上タクシー)を使用。
運賃わずか1Dhs(約30円)!安~い。

Dsc_0191  Abraのスピードはジョギングくらいで,なかなかのんびりした乗り物です。水の上は涼しくってとってもGood。

Dsc_0231 見える景色はアラブっぽい建物や高層ビルがごちゃごちゃと混在し,Creek の上はAbra やガレー船が行き交う不思議な景色。

Dsc_0225

Creek のAbra の上から眺めるドバイはまた違った趣でした。

涼しくなったとはいえ,日向では30℃近い気温の中を歩いて疲れたので,今回の
カメラ散歩はここまで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月曜日)

昨日は建国記念日でお休みでした

と・いうことで,昨日は珍しく夜のお出かけです。

Dsc_0570 どこ吹く風で歩いていらっしゃいますが,お出掛けしますので”巻き”でお願いしますよぉ。

出掛けた先はGold Souq。いわゆるドバイ観光名所です。
その名のとおりここは金の市場。全てのお店が金を扱い,夜になるとライトアップ
された金に目が眩みます。

Dsc_0607 入口はこんな感じです。ちょうど駅前アーケード街って感じでしょうか。
距離にして1kmあるかどうかってところです。

Dsc_0609 こんな路地もあちこちに。まぁ危険なことはまずありませんが,下手に路地に入り込むと絶対に迷います。
こんな路地も雰囲気があって素敵ですけどね。

Dsc_0614 迷わずたどり着くと,道の両側はこんな感じのお店が所狭しと・・・。

やっぱり Gold Souq は夜がおすすめですね~。金の派手なキラキラ感を堪能するにはやっぱり夜に限ります。暗い路地から Gold Souq へ入った時の明・暗順応は目が痛いくらいです。

Dsc_0626 どこの店もショウウィンドウの中は金でぎっしりです。デザインもいろいろあって見てるだけで楽しいですよぉ。

全体的にアラブ風デザインなので好き嫌いが別れると思います。これだけあれば
1つくらいは気に入るものも見つかるでしょう。・・たぶん。
たっぷり時間をかけて吟味するのがいいと思います。

お値段は・・びっくりするほど安くはないですね。値段は金相場に連動して動いているので,多少の変化が常にあります。ピアスのキャッチですら,いちいち秤で測って値段をつけていますから。

しかーし!値切り交渉はできますので,上手にお話すると安くしてくれますよぉ。
昨年だんなさんに指輪を買ってもらった時は,50%近く安くしてもらっちゃいました。
この時は・・値切り交渉なんてしてないのに,おやじが気前良くって・・・。

Cimg1938 そして昨日は不思議なもの発見!なんと「金のおしゃぶり」です!なんというか・・・日本人には無い感覚だなー。と。

今回は買い物ではなく,ドバイらしい風景を。ということで,カメラ散歩でした。

Dsc_0640 Creek沿いに建つモスク。これもドバイらしい風景。

・・・・・広角レンズがほしいなぁ・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)