« 近頃のドバイは寒いのです | トップページ | リゾートライフには向いてないようだ。 »

2009年1月26日 (月曜日)

インド洋の貴婦人・モーリシャスへ

北米方面の皆様から,「気温20℃は冬じゃない。」とのツッコミを頂きつつ(笑),
でもやっぱり近頃はすっかり寒いドバイからこんにちは。

体温(36℃)以上にならないと夏じゃないドバイでは20℃以下は冬です。(きっぱり!)
とはいっても,さすがにセーターを着込むほどは寒くないんですがね。

でもこの冬は曇りの日が多く,去年より寒いのは間違いないです。
今年に入って3日に1回は軽く雨も降っています。

R0015166

この週末も軽く雨が降りました。(まぁ,道が水玉になるくらいでしたが。)

雨がぽちぽち降るの日のお散歩は歩いていても肌寒く,
こなちゃんのヤル気も削がれるようで足取りが重たくて・重たくて。
引きずるように家まで帰った次第。

R0015158

平均時速2.5kmが2kmくらいまで落ちてるんじゃないかと(^^;

そんな寒いドバイを(まだ言ってる)脱出して,
この冬休みはインド洋に浮かぶ,ただいま夏真っ盛りのモーリシャスへ行ってきました。
別名,Lady of Indian Ocean(インド洋の貴婦人)と呼ばれるきれいな島です。たぶん。

今回はぶっちゃけ観光に関しては,特記事項なし。です。

なぜ,「たぶん」とか「特記事項なし」になってしまったのか?その理由は,
この旅でも,まぁ~いろいろと予定外の出来事が発生したのですよ。

R0014886

モーリシャスは,ドバイからほぼ真っ直ぐ南半球に下るので時差1時間,
フライト時間は5.5~6時間です。ヨーロピアンには有名なリゾート地ですね。
新婚旅行やリタイアしたご夫婦がのんびりとリゾートに訪れる場所のようです。

ちなみに,日本からは約15時間。香港・シンガポールなどでコネクトです。

我が家の旅と言えば,ガイドブックを片手に公共交通機関を利用して
とにかく目的地を目指し,到着したら次の目的地を目指してすぐに移動を開始する。
といったオリエンテーリングばりの,ゆっくり観光をするというより,
その場に行くことに意義がある。的な旅行です。

今回の旅行がドバイから行く最後の旅行になりますので,日本から行くには
ちょっと遠いヨーロッパ(ドイツ・スイスなど)行け行け旅行案も出ていたのですが,
腰が痛かったし,冬にわざわざ寒い所に行くのはヤダ!ということで,

今回の旅は「海辺のリゾートでのんびりしよう!」をテーマに,
我が家には珍しいno plan の旅行がスタートしたのです。

Imgp0241

モーリシャスは島全体の海岸線にリゾートホテルが点在しています。
ぱぱさんがいろいろ検索してくれた結果,北部地域に素敵なリゾートホテルを発見!
口コミ情報も良く,写真で見たお部屋や景色も素敵でした。
首都ポート・ルイスからもタクシーで約30分。観光するにも立地がよさそうです。

とりあえず旅の拠点となるホテルを予約し,後はモーリシャスに行ってから考えよう!
と,かなりお気楽に旅立ったのでした。

この旅,モーリシャスに着いた日から予想外の連続になるのです。

R0014813

モーリシャスはただいま夏真っ盛り。ちょっと湿度高めの心地よい暑さです。

予約したリゾートホテルは空港からおよそタクシーで1時間半。遠いなぁ~。
ちょうど島を南から北へ縦断するくらいの勢いです。
途中小さい町を2~3経由しますが,それ以外はサトウキビのプランテーションが広がり,
ちょっと北海道(美瑛あたり?)っぽい眺めです。

首都ポート・ルイスを通り過ぎたあたりからは町らしい町はなく,タクシーの運ちゃんに
変なところに連れ込まれてるんじゃないか?くらいなんにもありません。(失礼!)

実際はそんなことはなく,ちゃんとホテルまで送り届けてもらいましたよ(笑)

ホテルはいかにも南国リゾートの雰囲気満点でロビーの作りも素敵!
目の前には真っ青なプライベートビーチが広がっています。わーい!
とはいっても,ホテルまでの道のりが思いのほか遠く,早く着替えてゴロンしたい。
が正直なところでした。

ここで予想外の出来事その1 が勃発。

ホテル側から,お部屋のグレードアップをしませんか?との打診が。

部屋が広くなるだけだったら別にグレードアップする必要もあまり感じませんし,
それに伴ってお値段もグレードアップじゃ本末転倒だし。と思いきや,

差額は出ない。食事も2食付きから3食付きへプランもグレードアップします。とのこと。
どんなに素敵なお部屋なのかを写真まで出して説明してくれます。

まぁ今考えると,この時点でかなり怪しいのですが。

もともとの計画は,島内観光に出歩くことも考えていたのです。
が,ホテルに来るまでの道のりで,昼食はポート・ルイスで観光がてら。
というのはちょっと困難ということがわかりました。

じゃあグレードアップします。と返事をした途端,マイクロバスに押し込まれ,
そこからサトウキビ畑の中を揺られ揺られること1時間。

東部地域の違うホテルに連れていかれますた。orz

R0014867

違うホテルとはいえ,こちらのホテルスタッフさんの制服を見る限りでは,
同じ系列のホテルではあったようです。
結果としてはホテルのグレードも同じで,いいところだったんですがね・・・。

こちらもno planでモーリシャス観光に挑んでいるとはいえ,
それなりに検索した結果で地域や拠点とするホテルを決めていました。
ホテルそのものが変わるという説明は必要だったのではないでしょうか (-"-)

察するに,どうやらwブッキングがあった様子。もぉー (-"-)

連れて行かれたホテルで改めてチェックインの手続きをした時点で,すでに疲労困憊。
とにかく部屋に入って早く休ませてほしい。と思いきや,

部屋の準備が出来ていないので,ランチをとりながら待っていて下さい。と,
ビーチのレストランに案内されました。

Imgp0251

雰囲気の素敵なオープンテラスのレストランなのですが,疲れているやら
ドバイから来たそのままの服装なので(さすがに夏仕様ではありませんでした)
暑いやらで食欲もありません。

1時間待っても部屋に案内されることはなく,具合が悪くなりますた。

モーリシャス到着からお宿でゴロンするまでの所要時間,およそ7時間。
空港からホテルに直行したはずなのにね。
そんな感じでモーリシャス旅行は始まりました。

そして翌日,この旅行最大の予想外の展開が!
この続きは次の記事upを待て!

|

« 近頃のドバイは寒いのです | トップページ | リゾートライフには向いてないようだ。 »

コメント

到着から7時間…
うわぁ~それはグッタリですね~(>ω<)


でもやっぱり綺麗~heart
行きた~いheart


モーリシャスもドバイ経由で行けば…ドバイでまた遊べるんだなぁ…
(/ ̄∀ ̄)/


モーリシャスとは関係ないですが、ドバイランドの建設って進んでるんですか?
ドバイランドとバージュドバイができる頃に、どこか他の目的地の経由をドバイにしてまた行こう!と企んでいたのでscissors


モーリシャス…
翌日 何があったのか…
私の次の目的地に影響もsmilesweat01

気になる~( ̄▽ ̄)
続編を待ってますsign01

投稿: ゆみこ | 2009年1月26日 (月曜日) 21:25

Re.ゆみこさん

モーリシャスは綺麗なところでしたよ!
なんか光が青いんですよね。海も空もきれいで,
ドバイとは違う心地よい暑さでした。
今回の旅行では街や島などの観光には全く出掛けませんでしたので,
モーリシャスの雰囲気を知るところまでいかなかったのが
ちょっと残念でした。

バージュ・ドバイ周辺の工事は止まることなく進んでいます。
ドバイ・モールを含めて,この辺りは完成まで行くと思いますが,
ドバイランドは計画倒れになるんじゃないかな~?
パーム・ジュメイラと同じような人工島があと2つできる予定でしたが,
これも計画倒れになりそうですね。
巨大な物の建築計画は粗方見直しになっているようですよ。

投稿: こなまま | 2009年1月27日 (火曜日) 05:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137960/27467479

この記事へのトラックバック一覧です: インド洋の貴婦人・モーリシャスへ:

« 近頃のドバイは寒いのです | トップページ | リゾートライフには向いてないようだ。 »