« ちょいと旅行の話をば。 | トップページ | ロンドン・ロンドン愉快なロンドン »

2008年9月 9日 (火曜日)

ロンドン・ロンドン楽しいロンドン

我が家の旅行は毎度のこと,のんびりとは言い難く。
まぁ,いわゆる貧乏性なんでしょうね。
時間をゆっくり使うということがなんだかもったいなくって。

そんなこんなで旅行はいつも,オリエンテーリングの様相。
観光名所を次々とハシゴするかのように巡ります。
移動手段はほとんど公共交通機関(主に地下鉄)を利用します。
それで迷うことも多々あるのですが,それが面白かったりもするんですよね。

Dsc_5839

(今回は残念ながら,ロンドンバスに乗る機会はありませんでした。)

おかげで毎回,旅が終わるころには,足はくたくた・筋肉痛です。

今回のロンドン滞在は丸3日間。地下鉄LONDON BRIDGE駅を起点に,
地下鉄を上手く乗り継ぎつつ,有名各所を歩きまわりました。

Dsc_5806

8月末のロンドンはすでに秋の気配。緑から黄色へ木々の葉が彩を変え始めています。
そして思っていた以上に夜が寒い!薄いコートを着て歩いてる人もちらほら。
なんだかロンドンってファッションがお洒落だわん。すっかり秋の装いですね。

到着初日は荷解きもそこそこに,さっそくタワー・ブリッジに繰り出しました。

Dsc_5831

昔は1日に50回ぐらいは跳ね橋が上がっていたそうですが,現在は2~3回だとか。
それでも1894年完成の橋が今だ,動いてるってすごいな~。
残念ながら,橋が動いているところは見ることができませんでした。

これは,ロンドン・ブリッジからの眺めです。

この日はタワー・ブリッジを渡ってテムズ川沿いを散歩し,ロンドンの雰囲気を
満喫しました。ロンドン・ブリッジを再度渡り,ホテル周辺を散策して終了です。

翌朝は再度タワーブリッジを見学しつつ,地下鉄でウェストミンスター方面へ。
地下鉄駅から出ると目の前にどど~ん!と,ビック・ベンがお目見えです。

R0013360

奥に見えているのは国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)です。
わ~!まさしくこれぞロンドンって感じの風景ですね。

国会議事堂の中はガイドツアーに乗れば入ることができるようです。
季節によって中に入れる曜日や時間が違うようで要注意ですね。

ちょっと離れてテムズ川越しにみると,

Dsc_5867

わ~!テレビでこんな風景みたことがあるよ~!
鐘のリズムがまさしく本物の「ウェストミンスターの鐘」だ!
と,おおはしゃぎで写真を撮りまくりなのでした。

この日の目的は,バッキンガム宮殿の衛兵交替式の見学です。
8月は1日おきに11:30~から見られます。

ガイドブックによると,混雑するので早めに行きましょうとのこと。
ここで軽く朝食を済ませて,

Dsc_5886

セント・ジェイムス・ガーデンを通り抜け,バッキンガム宮殿へ向かいます。
公園の中はまさしくイングリッシュガーデンです。気持ちがいいねぇ。

Dsc_5906_2

バッキンガム宮殿前は・・・ロックコンサート準備中。リハーサルと思われますが,
ステージ上は歌いまくりの観客(通りすがりの観光客?)もノリまくりです。

宮殿のまえでロックコンサートやっちゃうあたり,懐が深いというかなんとゆうか。

Dsc_5907

10:30,衛兵交替式を見に来た人ですでにごった返しています。
この時点で最前列にはもう入り込めません。

せっかくなので,待ってみますか。

Dsc_5919

11:00,ますます人は増え続けています。人の頭しか見えないよ~。

11:15,衛兵さんではない,機関銃をもったオヤジが中から出てきて言いました。

「今日は無いよ。」「・・・・・・・ええ~!」

こんなに人を集めて,待たせておいてそれはないよ~。もっと早く言ってよね~。

この日,8月23日。北京からロンドンへオリンピック旗が渡された日でした。
ロックコンサートもその一環だったようです。
翌日もそれに関連したイベントが続き,衛兵交替式はありませんでした。

気を取り直し,元来た道を戻ります。お次はウェストミンスター寺院の見学です。
言わずと知れた英国王室の教会で,女王エリザベスⅡ世の戴冠式やダイアナ妃の
葬儀が行われた所ですね。

Dsc_5948

中は歴代の王の墓や,小さな礼拝堂,戴冠式に使用される椅子など。
ここはオーディオガイドが入場料に含まれているので,借りるとお得です。
日本人観光客も多いらしく,日本語オーディオガイドもありました。
オーディオガイドに従って見学すると,およそ2時間の行程です。

こちらはNO PHOT ですので,写真は以上です。

遅めの昼食(世界一まずいラーメン!)を済ませ,次に向かったのは,
地下鉄Notting Hill Gate 駅,ポートベロー・マーケットです。
ここはアンティークやハンドメイド,ガラクタを扱っている店や露店が
所せましと並んでいます。距離にして地下鉄ひと駅分くらいの距離はありそうです。

Dsc_5961_2

Street の入り口はちょっとおしゃれな住宅街から始まります。
家やアパートメントの作りがいかにもヨーロッパ調です。出窓に花が飾れられたり,
ドアや窓の形もおしゃれでかわいい~。

お兄ちゃんも絵になるわ~。

先に進んでいくと,古着屋から始まり,アンティークの食器,グラス,雑貨,
古いバーなどのスチール看板を売るお店や,ハンドメイドのアクセサリーのお店。
待ってました,たぶん40~50年代あたりのオールドカメラ,古い方位磁石や望遠鏡
を売るお店や露店。

さらに進むと,野菜や果物。パンやお菓子。スパイス。なんだか市場のような趣に。
さらに進むと,変な柄の洋服。チープなおもちゃ。がらくた?縁日の屋台状態に。

さて,当初の目的。オールドカメラですが・・・実は気に入ったのがあったのですよ。
露店で無造作に置かれていました。ファインダーに塵が入ったりはしていましたが,
レンズもまぁまぁきれいで,絞りもちゃんと動いています。

ほ・欲しい・・・。

悩んでいるうちにお店はとっとと畳まれ,次に通りかかった時はご帰宅された後でした。
ま・縁がない時はそんなもんでしょう。

あとで確認したところ,日本で売買されているよりかなりお安かったことが判明。
ええ~ん。(T_T)。悔しくなんかないや~い。。。

Dsc_5849

身も心も疲れたので,この日はこれで終了です。日が暮れると寒いし。
翌日はロンドン塔からスタートです。

ロンドン紀行,長くなりすぎていますので,本日はひとまずこの辺で失礼します。

|

« ちょいと旅行の話をば。 | トップページ | ロンドン・ロンドン愉快なロンドン »

コメント

ロンドン・・・一度は行ってみたいトコロですー。
こなままさんの旅行記の写真を拝見しながら バーチャル旅行・・・。

いつの日かグレートな地を踏めることを夢見ながら、こう撮ろっかなーとかレンズはどれくらいかなーとか・・あぁ 空しい(爆)

投稿: zero | 2008年9月10日 (水曜日) 03:58

Re.zeroさん

もう少し落ち着いて歩きたい街ですね,ロンドン。
後で見てみると,手当たりしだいの写真が多くって,
「もうちょっと落ちつけよ,自分。」って感じです。
たくさん撮った割には残念な結果でした。がっかり。

投稿: こなまま | 2008年9月11日 (木曜日) 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137960/23608935

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン・ロンドン楽しいロンドン:

« ちょいと旅行の話をば。 | トップページ | ロンドン・ロンドン愉快なロンドン »