« ロンドン・ロンドン愉快なロンドン | トップページ | The “Battle of the Tomato” »

2008年9月12日 (金曜日)

いざ!バレンシアへ。不安なトマト祭り前日

いよいよやってまいりましたよ。バレンシア。

Dsc_6399

今回の旅の最大の目的,いよいよLa Tomatina (トマト祭り)が始まります。

8月25日,ロンドンからバルセロナへ到着です。この日はバルセロナで一泊し,
翌日,いざ!バレンシアへ出発です。

バルセロナ~バレンシア間は飛行機でおよそ50分ですが,今回はレンフェ
(スペイン国鉄)・ユーロメッド(バルセロナ~アリカンテを走る特急列車)の1等車で,
優雅にバルセロナ・サンツ駅(Estacio Sants)からバレンシア・ノルド駅
(Estasion del Nord)まで,3時間の電車の旅です。

R0013417

特急列車とは名ばかりの,何とものどかなスピードでオリーブ畑や野菜畑の中を,
のんびりと海岸線に沿って走ります。
1等車は食事(または軽食)付きで,飲み物も飲み放題です。
アテンダントのお兄さんやお姉さんが頻繁に来てサーブしてくれますよ。

R0013452

3時間後,バレンシア・ノルド駅(Estasion del Nord)に到着です。
古い建物をそのまま利用している駅は内装がかわいいのですよ。

さっそく駅のインフォメーションで情報収集です。

トマト祭りはバレンシア近郊のブニョール(BUÑOL)で行われます。
事前の情報収集では,「ブニョールまではノルド駅から電車で移動」とのことでしたが,

え?ブニョール駅まではノルド駅から直通じゃない?駅が違う?

うーん。何とも不安にさせてくれるではないですか。詳しく聞いたところによると,

ノルド駅最寄の地下鉄5号線バイレン駅(Bailen)からSant Isidre駅まで地下鉄で
移動し,そこでレンフェ(スペイン国鉄)に乗り換えます。
駅は,バレンシア・サンツ駅(Valencia-Sant Isider)。ここからブニョール駅へ向かいます。

確かに電車で移動ですが,ノルド駅から一本じゃなかったのは予想外です。
当日の朝は早めにホテルを出る予定にしていましたので,時間に余裕がありますが,
当日のうちにバルセロナへ戻る計画ですので,時間が読めないとちと困ります。

この時点での不足情報は,
①ノルド駅から地下鉄バイレン駅までの道順と場所,そこまでの所要時間。
②地下鉄バイレン駅~サンツ駅間の所要時間と電車の本数。
③地下鉄からレンフェへの乗り換えはどうなっているのか。

これらの情報不足を解消するべく,実際にバレンシア・サンツ駅まで行ってみることに。

①ノルド駅から地下鉄バイレン駅までの道順と場所,そこまでの所要時間。について,

ノルド駅からバイレン駅までは,歩いておよそ5分程度。ちょうどノルド駅の裏側です。
ノルド駅の中,ホームをテケテケと通り抜け,突き当ったらホームを降りてそのまま直進
すると,地下鉄バイレン駅の入り口が見えてきます。

R0013495_2

ノルド駅構内にはこのような表示がされていますので,まず道に迷うことはないかと。
当日はいかにも,「これからトマト祭りに行ってきます」的な人がたくさん歩いてますので,
ついていけば大丈夫です。

②地下鉄バイレン駅~サンツ駅間の所要時間と電車の本数。について,

地下鉄バイレン駅~サンツ駅間はおよそ10分程度でした。地下鉄5号線は本数があまり
多く走っておらず,一番本数が多い時間でも10分おきくらいでしょうかね。

R0013509

事前情報では,「トマト祭りの日は臨時電車が走る」とのことですが,これはレンフェ(国鉄)
の,バレンシア・サンツ駅~ブニョール駅間のみ。地下鉄は通常通りです。

それでいいのかなぁ・・・。

これは,たまたま発見した裏ワザなのですが,乗り換えになるサンツ駅は地下鉄1号線
も通っているんですね。こちらは本数が多く,4~5分おきくらいに走っています。
1号線はバイレン駅には止まりませんが,エスパーニャ駅(Pl. Espanya)が1号線の
ノルド駅最寄駅になります。この駅はノルド駅まで徒歩10分くらいですので,
帰りに急ぐ時使ってみるのも一つの手かと。

③地下鉄からレンフェへの乗り換えはどうなっているのか。について,

地下鉄サンツ駅とレンフェ(国鉄)バレンシア・サンツ駅は別の駅です。その間は徒歩にて,
およそ2分。

R0013506

こちら,地下鉄サンツ駅(Sant Isidre)です。線路を挟んで両側にホームがあるだけの
小さな駅です。窓口は1か所だけで券売機などはありません。
当日は大混雑が予想されます。この駅で乗車券を買うのは難しそうですよ。

駅を出て左に曲がり,ホームに沿って歩いて行くと,すぐにレンフェの駅が見えてきます。

R0013505

こちらレンフェ(国鉄)バレンシア・サンツ駅です。何故,あんな高い所に・・・・。
とりあえず,改札口まで行ってみましょう。
こちらも窓口は一つだけです。どちらの駅にしても当日乗車券を買うのは難しそうです。

噂に聞くトマト祭り参加人数に対して,どちらの駅も小さすぎる感じです。

R0013497

バレンシア・サンツ駅から見た夕焼けです。明日もいいお天気になりそうですよ。

バレンシアまで来てしまえばブニョールはすぐ近くだと思い込んでいましたが,
思っていたより遠かったことを,トマト祭り前夜に知ったのでした。

ブニョール駅までは,バレンシア・サンツ駅からおよそ35分。まだまだ到着しません。

Img031_3   

窓口で帰りの時刻表をもらって,とりあえず今日のところはノルド駅に帰ります。
ついでに明日の乗車券を往復で買っておきましょう。それが世話なしで良さそうです。
乗車券をくださいな。

結論,乗車券は前日には買えません。その日の乗車券はその日に。

乗車券は当日の朝,ノルド駅で買いましょう。
バイレン駅からブニョール駅まで,地下鉄・レンフェ(国鉄)含めて往復1枚で買えます。
ただし落としたり,トマトまみれにさせないように要注意。

R0013449

ノルド駅に戻り,いくつかの疑問点を確認します。

事前情報では,ノルド駅には大きなコインロッカーがあるので,そこの荷物を預けると
便利であるとのこと。
時間の余裕があるのであれば,ホテルで預かってもらうのが一番安心なのですがね。

コインロッカーを探したところ,ありました。Lサイズのスーツケースが入れられるほど
大きなコインロッカーが。そう,「大きい」違いです。
ロッカー自体の個数は多くなく,前日の夜の時点で半分以上は塞がっていました。
結局,トマト祭り中の荷物はバレンシアで泊まったホテルで預かってもらうことに。

前日に確認できたことはここまで。

もしかして,トマト祭りって我々が考えている以上に手強いんじゃないかしらん。
決戦前夜にしてすでに疲れが。

トマトまみれになったらシャワーとか浴びれるのか?とか,着替えることができるのか?
とか,荷物はどの程度持って行ったらいのか?とか,お互いはぐれたらどうするか?
とか,なんだか不安になってきます。

ま・なるようにしかならないでしょうし。深く考えず楽しみましょー!

|

« ロンドン・ロンドン愉快なロンドン | トップページ | The “Battle of the Tomato” »

コメント

なんだかわくわくする前置きですね~!!
でも前日にきちんと下見をして、不足情報などを整理しておくところがさすがです。
トマティーナ、ああトマティーナ!
次の日いったい何が起こったのかしら~~!?

投稿: dellaママ | 2008年9月13日 (土曜日) 00:58

旅行記、まるで旅行雑誌を読んでいるような感覚です^^
(おしゃれで、でも親切な)
トマト祭り、そうなんですよ~ 旅行客は
そのジューシーな姿でホテルに帰るの?とか
一般の人もどうやって家まで??とかいろいろ??
だったのが、今度の日記で明らかになるのですね~
楽しみにしています!

投稿: dehooo | 2008年9月14日 (日曜日) 20:05

Re.dellaママさん

あははは。当日もバレンシアに泊まる予定だったら
ここまで神経質になることはなかったんですけどねぇ。
16:00発のユーロメッドを予約してありましたので,
戦線離脱時間を大まか計算しておかないとということで,
ここまで確認作業をしたのです。

行き当たりばったりの旅も楽しいですよね。
トマト祭りは当日,見るからに・・・の人がわさわさ歩いていたので,
迷う心配は全くありませんでした(笑)

投稿: こなまま | 2008年9月15日 (月曜日) 19:55

Re.dehoooさん

そう!そう思いますよね!
トマトまみれになるのはいいけど,そのジューシーな状態をどうするのか?って。
見ていると,案外手ぶらの人も多いんですよ。
事前情報では,帰りの電車はトマト臭がすごくって,
他の駅から乗客は乗ってこないとか。
自分が着替えても,周りが着替えてなければ満員電車の中で
またトマトまみれ?
実際に行くまでは,謎が深まるばかりでしたよ(笑)

投稿: こなまま | 2008年9月15日 (月曜日) 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137960/23694622

この記事へのトラックバック一覧です: いざ!バレンシアへ。不安なトマト祭り前日:

« ロンドン・ロンドン愉快なロンドン | トップページ | The “Battle of the Tomato” »