« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金曜日)

大漁!

Dsc_0595  釣れた!大物だ!

Dsc_0373_2  水揚げ。

本日は写真のみで失礼します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水曜日)

過ごしやすくなってきましたね。

Dsc_0498 雲ひとつない快晴のドバイよりこんにちは。

ドバイではまだ暑い日が続いていますが,近頃は朝の涼しさに秋の気配を感じます。
9月に入ってから快晴の日は湿度が低くなっているようで,暑いながらも日陰はずいぶん過ごしやすくなっています。

とはいっても,風景に秋を見つけるのは難しく。ドバイの秋らしい風景って何だろうねぇ。

Dsc_0529 強いていえば,庭でのこなつの遊びっぷりに涼しくなったのね~って感じでしょうか。

ここ数日は湿度が低いせいか,庭に出るこなつの出入り口を開けておいても部屋の中が暑くならないので始終あけっぱなしです。

こなつも自由に部屋と庭を行き来できるので,庭でよく遊んでいます。

「む~ボールが取れないよ~。ボールで遊ぶの~」

ってこなちゃん・・足短いねぇ。胴が長いねぇ。うなぎ犬みたいだねぇ。ボールなかなか取れないねぇ^^ その鈍くさい仕草がかわいくってついつい意地悪したくなるんだよねぇ。ふふ。

Dsc_0543 おー!元気に走る姿がいいですなぁ。

お外で過ごしやすくなってきて遊ぶ範囲も広がってよかったね。といってもやっぱり日向は暑いや。

こなつに付き合って遊ぶにはもう少し涼しくないとダメだね。涼しいとはいえ湿度が低いってだけで日陰だって34℃くらいあるもんね。

Dsc_0541 とはいえ,おーい!ままとボール遊びしてたんじゃないのー!ボール忘れてるよー。

さんざんきゃーきゃー遊んでいたのに,突然終了されるとままは寂しいです・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月曜日)

写真撮影の効果

Dcfc0049 今日は朝から快晴のドバイよりこんにちは。

近頃は上手くいい雲がかからず,これといった朝焼けが撮れない日が続いています。やっぱり全く雲がないより,少し雲がかかって雲に朝日が当たる感じがいいかな。

散歩に出掛けるときは必ずカメラを持ち歩いています。
まぁ同じ散歩コースなのであまり絵は変わらないのですが,ファインダー越しに散歩道を覗くことでいろいろな発見があったり・なかったり・・(ってどっちやねん)

Dsc_0005今日はちょっと涼しく歩きやすい朝でした。これは写真を撮りながら散歩するには絶好なお日和です。ふふふ。

こなつと一緒に出発!しかしこなつは迷惑顔です。何故なら・・写真を撮り始めると立ち止まる回数が増えるから。

こなつにしてみれば自分のいつも立ち寄るくんくんポイントで,思う存分くんくんしたいのに,予想外のところで立ち止まるので大いに不満な様子。

Dsc_0366 そんな怖い顔して睨まなくっても・・・。

近頃,カメラに追い回されているこなつさんです。
だんだんカメラから目を背け,顔を背け,ついにはカメラを構えると逃げていきます・・・。

いいじゃんよ~こなつぅ。カメラの練習に付き合っておくれよ。動きのあるかわいいこなちゃんをキレイに撮りたいのだよ。

Dcfc0064 しかたがないので,寝顔をこっそりと。

写真撮影の効果として,
こなつは写真嫌いなわんこになりました。
いつシャッターを切ってもいいように,お部屋の中の片付きっぷりがよくなります。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

前回を踏まえて

Dsc_0285 またまた霧のドバイよりこんにちは。

今年は霧の発生が多いようです。霧のおかげで日が射さず涼しいのですが・・・湿度が高くて歩いているとなんだかじっとりと体が湿ってくるようです。

今日は寝坊もなくいつも通りの時間に散歩へ出発できましたので,前回の反省を踏まえて霧の中いつも通りの散歩コースを巡ってきました。

Dsc_0288 さぁこなつさん,思う存分歩くがいいわ。

出発直後は軽かったこなつさんの足取りもだんだん重たく立ち止まる回数も増えています。視界の悪さと毛がじとじと濡れる感じが不快なご様子。

びびりなこなつさんは霧の中からぬぅっと現れる人もちょっと怖かったようです。

いつもの散歩コースを歩き切る前に,自主的に回れ右をしてスタコラと帰路につきました。

Dsc_0292 あ~・・霧の中は歩くもんじゃないわね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土曜日)

ドバイ弾丸ツアー

Dsc_0166 灼熱のHatta砂漠よりこんにちは。ここのところ暑さがぶり返しているドバイです。

朝は27~28℃くらいに涼しくなってきていますが,ここ2~3日は日中40℃前後に達しているようです。

そんな中,ドバイらしい所に行きたいとのリクエストにより,お客様2名を連れて半日弾丸ツアーに行ってまいりました。

Photo まずはHatta砂漠です。まぁ,らしい景色ということで砂漠周辺を走る道をドライブです。砂漠の中にも少しだけ入りましたが入口付近だけでご勘弁。
砂漠に車で乗り入れる場合,1台だけで入るのは大変危険です。調子に乗って奥まで入って砂に嵌ったりしたら脱出が困難です(脱出にはコツがいります。状況によっては第3者の手助けが必要です。)し,砂漠で迷ったら死にます。

ということで,砂漠の入口付近で砂漠走行し,”一杯のかけそば”状態の駱駝たちを遠目に眺め,少し砂の上を歩き・・・ましたが,砂が熱くなっていてこなつは1分で抱っこです。

「さ~次行きますよ~。」

Photo_2  お次はドバイといえば巨大ショッピングセンター。Mall of The Emirates と Souk Madinat Jumeirah の2か所でショッピング。

ラマダン中の金曜日のお昼という条件が重なり,Mall of The Emirates はまだしも,Souk Madinat Jumeirah は閉まっているお店も多く(Open は夕方から),がらがらです。うーんラマダン中。

その後,ビーチからBurj Al Arab を眺めつつ,ドバイ台所事情 Spinneys(スーパー)を見学しつつ買い出しをしてツアーは終了です。

お客様方はこの後,ゴールドスーク・スパイススークでお買い物を楽しみ,深夜便で日本へ帰国されました。

Dsc_0267 この日の弾丸ツアーでは,添乗員のこなつさんは大変いい仕事をしていました。

お客様に向かってまんべんなく愛想を振りまき,常に後部座席に身を乗り出して”なでなでして”攻撃を繰り出し,ちょっと外に出て車に戻れば,短いシッポをこれ以上ないくらいに振りまくって歓迎していました。

「やってやったぜ!」とご満悦な表情です。

Dsc_0270 といいながらも疲れたらしく,夜は早くからぐっすりでした。

おつかれさまでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木曜日)

ふて寝中

Dsc_0097 珍しく霧のドバイよりこんにちは。

今朝は珍しく霧の朝です。あ・これはカメラのレンズが曇っている訳ではないですよぉ。ほんとの霧です。10m先が見えません。湿度も92%に達しています。

霧を透かして朝日が見えるかと思いカメラを持って出掛けましたが,あまりの霧の濃さに朝日がさぱーり射してきません。

湿度が高く歩いているとムシムシと暑いので(寝坊をして時間もなかったので),散歩もそこそこに切り上げて帰ってきました。

ここで納得できないのはこなつさんです。歩き足りてないので体力が余っています。遊びに誘ってくれるのは嬉しいのですが・・・朝の忙しい時間はちょっと。

自分の要求が通らないので,無理やり気を引こうとして外に向かって吠えまくり,注意に対して聞く耳持たず更に吠えまくり・・・・結果,どかんと怒られました。

Dsc_0035 運動が足りずに遊んでほしいのでしょうが,気の引き方が間違っています。わかっていただくために,しばらくケージの中で反省をしてもらいました。

その後,すっかりふてくされています。ケージを開けても,ここで寝てればいいんでしょ。とばかりに出てきません。やっと出てきてもこの通りふて寝しています。

Dsc_0067 遊びに誘っても ← この通り。外に出て来はすれどもひとり遊びをしています。

ボールで誘ってみましょう。じと目で見つめはすれども遊びに乗ってきません。
あ~あ,すっかりぐれちゃって。

こなちゃ~ん。あそぼーよー。

Dsc_0123 あぁ。そーですか。そういう態度をとるのですね。じゃあこっちも勝手にこなつでカメラの練習するからいいよ。

って,ふて寝するこなつでは動きがないので練習にもなりません。

・・・一緒にふて寝するか・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水曜日)

怪奇・・・!

我が家の庭は庭師のあんちゃんに管理をお願いしています。

Cimg6095

我が家はどうやらあんちゃんの自転車置き場になってしまっているらしく,早朝に自転車を取りに来てあちこちのお宅を回って夕方置きに来る。といった状況です。

毎日←こんな感じで置かれているのですが・・・。

昨日のこと。
いつものように止められていた自転車。何かが違う。こなつも気にするその視線の先には・・・。

こなつの目にもその自転車は怪しく写っているようで,自転車の周りをぐるぐる回ってあぐ~あぐ~となにやら文句をいっています。

こなつは何を凝視しているのか?

Cimg6096 ぎゃ~!怖いだろコレ。鎌まで抱えて。インパクトありすぎです。

これは何らかの挑戦なのか,嫌がらせなのか・・?リビングから見えるところにこんなもん放置するの止めてもらえませんかね。

そして朝方のこと。

階下から物音がする。とだんなさん。家の中をパトロールするも異常なし。

・・・君じゃないよね・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火曜日)

ファイト一発!

Cimg6012 今日も朝からいいお天気のドバイよりこんにちは。

日中はまだ30℃中盤まで気温が上がりますが,早朝は30℃を下回る日もでてきました。ふと見上げた空もなんとなく秋模様です。

朝のお散歩も暑いながらもずいぶん楽になってきました。こなつさんも病院に行って来てからは体調が戻ってきたようで,朝から元気爆発です。

Cimg6055 体調が芳しくなった間は庭のパトロールもせずに寝倒していましたが,元気が戻ってきた今は・・朝から大騒ぎです。庭に来る鳥を追い払い,庭師のあんちゃんにケンカを売り,物音がするたびに庭に飛び出していきます。

ご苦労さまですな。

まぁ,元気が出て来たのはいいことです。

外でこなつが遊びに誘ってくれていますので,元気アピールにちょっと動きのある写真を撮ってみようかと,庭でボール遊びをしてみました。

Cimg6085 おお。走るわんこの姿はいいですなぁ。ドタドタと走っている姿はちょっと(かなり)どんくさい感じですが。

その後・・水撒き後の庭が乾いていなかったため,こなつの足もお腹もビショビショ。先週芝刈りをしたばかりもあって,細かい芝の切れっぱしもたくさん付きました。

よって,部屋の中はこなつの足跡とゴミでいっぱいです。

・・・いいよ。こなつが楽しければ(泣)

どうせシャンプーも1週間に2回を言い渡されてるから汚れてもかまわないし。
と・いってもまだ洗ったばかりなので,こなつは明日シャンプーね。

ままは,ファイト一発!掃除しますか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月曜日)

信頼関係?

おかげ様でこなつは朝から元気です。

昨日受診してからは掻痒感もぴたりと治まり,ここ2~3日見向きもされなかったボール遊びも1日中絶好調です(それはそれで・・・・)。

ところで,皆様のお宅のわんこは薬を上手に飲めますか?

Cimg5965 昨年は検疫検査などの関係で病院通いが多かったこなつさんですが,今まで大きな病気をすることもなく,ましてや薬を長く内服するようなこともありませんでした。

今回,内服薬(Rilexine)10日間が処方されています。この薬,いかにも薬の臭いです。犬の嗅覚ではかなり臭っているものと思われます。

さて,どうやってこなつに内服させるか?ですが・・・。

1回目。フードに混ぜて投与してみました。
この方法での問題点は,全体に混ぜてしまうと食べ残した場合(は,まずあり得ませんが),薬の決められた量が摂取されなくなってしまします。それに,薬を混ぜることでフードの味が変わり食べなくなることも考えられます。
最初に少量のフードと一緒に投与し,残りのフードを追加する方法を採用しました。特に問題なく内服できました。

2回目。おやつと一緒に投与してみました。
ビスケットと一緒に,特に疑問も抱かずぺろりと内服できました。

問題の症状をはやく改善させるためには確実に内服してほしいと思いますし,まずそうな薬を内服させるので,できるだけ嫌な思いもさせたくないなぁ。

なんて思って試行錯誤し工夫している訳ですが・・・。

こなつの場合,食べられるものなら薬だって食うよ~ん。ということか?

3回目。試しにそのまま薬を差し出してみました。
そのまま飲めました。

ままの差し出すものは疑問も抱かずなんでも食べるこなつさんです。信頼関係が出来上がっているといえば聞こえはいいですが,食べ物に対して意地汚いだけなのか,おばかちゃんなのか?

手間がかからなくていいですケド。しっかりお薬飲んで,早くよくなってね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土曜日)

なぞ・解明!・・・か?

ここ数日来続いている,こなつさんのお腹の発赤疹。範囲の広がりは見られず,掻痒感は多少続いている様子ではありますが自制内(我慢できる範囲)で治まっているようです。

というのは,痒いがダメといわれれば我慢ができる程度。ということで自制内。

しかしながら,こなつにしてみればやっぱり痒いので目を離すとこっそりペロペロ。
ペロペロすると刺激にり掻痒感が増してまたペロペロ。

痒みは掻くとよけいに痒みが増すものです。とにかくペロペロすると刺激になるので,とにかく舐めないように注意していました。その甲斐あって赤味は消えてきましたが,発赤疹が乾いて痂皮形成してきました。

こうなってくると,悪化なのか治癒過程なのかもう判断がつきません。全身状態としては食欲もあり,寝倒してはいますが散歩には行きますし,歩きたがらないということもありません。ンコも元気です。

とはいえ,そう優長なことも言ってられませんので病院へ行ってきました。

Cimg5920 原因ははっきりしませんが,1週間のお泊まりの後から症状が出現していることから,お泊まり先のケージや遊んだ場所に問題があるのではないか。発赤疹の発生部位から,特に寝るような場所に原因があると思われる。とのことでした。

痂皮の一部を採取して検査もしましたが,とくにムシ(ノミ・ダニ・疥癬・白癬)などもいませんでした。よかった。

多少なりともアレルギーみたいなものもあるかもしれないが,現在の症状くらいでは検査しても結果は得られないので,まずはいつもの生活の中で対症療法をして様子を見る。ということになりました。

Cimg5926 抗生剤(Clamoxyl LA) とステロイド系抗炎症剤(Dexamethasone)の注射を2本と,内服薬(抗生剤・Rilexine) を10日分。あと薬用シャンプー1本が処方されました。

なんだか去年からすっかり注射三昧のこなつさんです。

これでまずは痒みが止まってくれるといいのだけど。

Cimg5930 気疲れしたのか帰って来てからはぐっすり熟睡をしています。まぁ,注射をしたりもしていますので今日1日は安静ということで様子を見ましょう。

シャンプーは週1~2回で。洗い過ぎじゃないかと思いつつ明日決行ということで。
シャンプー嫌い。といってるばあいではないのでないのでがんばりましょう。

Cimg5938 一眠りしてからこなつさんにはご褒美のおやつです。

芯についたままのとうもろこし3分の1通りを
もらいました。うま~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金曜日)

おもちゃカメラ

Photo Ramadan Kareem !

予定通り,本日よりドバイはラマダンに突入したようです。ということで,ムスリムさんはこれからの1か月,日中の飲食・喫煙はしませんので,異教徒の私たちも公共の場所(人目につく場所)での飲食・喫煙はできなくなります。まぁ,当然の配慮でしょう。それに日中は飲食店がほとんどClosedですから外食はできませんし。(ホテルのレストランなどは例外)

そのかわり日中を静かに過ごしている分,日没後は夜中まで賑やかに過ごします。ショッピングモールなどは,ちょっとしたお祭り騒ぎです。そんなラマダン・レポートは随時Upしていきたいと思います。

話は変わりますが・・・・

突然ですが,今のデジタルカメラはいいですね。現在の私の愛機はEXILIM EX‐S600です。起動が速く,手ブレもしにくく,Best Shot機能もワンタッチ。いろいろな設定も簡単にできます。今の生活の大切な相棒です。

いまどきのコンデジは,奇麗に撮れてなおかつ簡単に使えるがモットーですが,そんな流れを逆流するかの如くのカメラがこちら。

Cimg5821_2 YASHICA EZ 5011 です。トイカメラのデジタル版といったところでしょうか。

これは,だんなさんのコンデジが故障したときの急場しのぎに使われたものなんです。

500万画素のデジカメなんですが、なんともいえないおもちゃっぷりです。
作りはおもちゃそのもののチープさだし、動作はまるで携帯についてるカメラみたいなノンビリ具合です。

撮ったはずの写真が保存されてなかったり,変な所にピンとがあってしまったり,色も独特。室内では暗めに写り,明るすぎる外では真白。液晶モニターも一応付いていますが外では全く役に立ちません。

仕事に使うにはあまりのおもちゃっぷりにお蔵入りしていたのを引っ張り出してきました。

Photo

なかなか味わいのある写真です(って自分で言うな)。いろいろな条件で試してみようと目論んでいた矢先,・・・壊れました。写真枚数にして20枚ほど撮ったところで,電源が入らなくなりました。

う~ん。さすがおもちゃカメラ。ということで,このラマダンの最中に修理に旅立ちました。修理は2~4週間かかるとか。ま・いっか。別に急ぐものでもないし。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年9月12日 (水曜日)

いよいよ始まるよ!

Cimg5829 明日から始まる(であろう)ラマダンに先駆けて,頂き物をしましたよぉ。

なぜ「たぶん明日から」になってしまうのか?と・いうのも,昨年も9月23日説と24日説があり,何となく始まっちゃったのである。どうやらスンニ派・シーア派で違っていたようです。

ここでラマダンについて、簡単に解説。

ラマダンはヒジュラ歴の第九番目の月にあたります。イスラム教徒は、このラマダンの1ヶ月間、日の出から日没までの間、飲食を絶つのです。正確には全ての「○○したい!」という欲望を抑えるのです。ヒジュラ暦は陰暦なので、ラマダン入りは年々早くなっていきます。今年は9月13日から。

「ラマダンは、貧しい人々や、何らかの障害で人生を思い通りに送れない人々の辛さを皆で共有することが本来の目的」なのだそう。この期間中は、豊かな人々は貧しい人々に施しをすることになっている。半ば強制だが、嫌がる金持ちはいないそうです。日没前の礼拝後にイフタール(Iftar)と呼ばれる断食明けの食事が始まります。

って・・こなつさん。すっかり無関心ですね。相変わらず寝倒してますね。

Photo

で・はじめの頂き物に戻る訳ですが,コレを頂きました。デーツです。それも高級デーツ。デーツは断食後の最初の食事,イフタールで供されるものの筆頭です。栄養があってカロリーも控え目だとか。

一緒に断食をするわけではありませんが,ムスリムさんへの配慮として,公共の場所での飲食および喫煙はできなくなります。愛煙家には厳しい1か月になります。

これを機に禁煙すればいいのに・・ね。だんなさん。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火曜日)

眠りを貪る

今日も朝から快晴なドバイからこんにちは。

暑い日がまだまだ続いていますが,暑いとはいえ日の出時間はだんだん遅くなってきています。現在の日の出時間は6:02。

Photo

夜明けが遅くなってきているせいか近頃のこなつはすっかりお寝坊さんです。起こされて朝の散歩に出掛けるようなダメダメちゃんです。

散歩に出掛けることそのものは,こなつにとって嫌なことではなく,むしろ嬉しいことですので,歩き出せばいくらでも歩くのですが・・・。散歩から帰って足と体を拭いてもらったら,あとはベッドに戻って朝ごはんまで2度寝。

それでも,午前中はぱぱの見送り後,庭のパトロール・ボール遊びなどのスケジュールがそれなりにあるのですが・・・。

今日はなぜか寝っぱなし。午前中のスケジュールをすっ飛ばし,朝からずーーーーーっと寝てます。

Cimg5813 原因は・・コレか?

写真では見にくいのですが,お腹から胸にかけてかぶれたような状態なのです。けっこう広範囲。

旅行中のDKCお泊まりの際に,お腹に痂皮形成が2か所あり,”あせも”との説明でした。こなつ自身は気にもせず,痒みもないようだったので経過観察していました。

今週に入ってから掻痒感があるらしく,なめなめ・くちくち。確認したところ発赤疹がお腹から胸にかけての広範囲に多数出現。掻痒感も伴っている様子。

なんだろう?創傷の治癒過程による掻痒感にしては広範囲すぎます。また虫刺され?現在はフロントライン投与の有効期間中です。何かのアレルギー?それにしては発疹が限局しすぎています。

痒み止めスプレーを塗布しつつ舐めないように注意していますが,昨夜は痒みで何度か起きていたようです。(じたじたするので何度か起こされました。)

Cimg5823_2 とにかく,まずは前に虫刺されで処方された痒み止めスプレーを塗布し,舐めないように注意です。

で・17:00現在。まだ寝てます。

症状の改善がなければ病院かな・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日曜日)

こつぶ・ツアーズ

もう一回スペイン旅行記で失礼します。3回くらいでとんとんとまとめるはずが,記事をUpしようとするとなにかと事件がおきています。

ここから,新たな旅の道連れが登場です!

Photo

こつぶです!グエル公園前のお土産屋さんで出会いました。 今後,こなつが一緒に行けない旅行などで活躍予定です。つぶちゃんって呼んでください。

ガウディ巡りの翌日は,旧市街とランブラス通りをぶらり旅です。

Photo_2

古い町並みのなかにぽっかりと位置するここは「王の広場」です。奥の四分円の階段は,コロンブスがイザベル女王に新大陸発見の報告のために謁見した場所です。コロンブスさんは今もバルセロナ港の近くで,アメリカ大陸をまっすぐ指さしています。

Photo_4 

カテドラルは残念ながら外壁の修復中でした。ここはバルセロナの守護聖女サンタ・エウラリアが祀られています。ちょっと失礼して少しだけ写真を撮らせていただきました。

Photo_5

ランブラス通りはプラタナスの並木が長く海の近くまで伸びています。露店やパフォーマーが立ちお祭りのように賑やかな通りです。

ランブラス通りの途中,レイアール広場にもガウディ作品がありました。

Photo_6

ガウディの若い頃の作品。ガス灯です。ガス灯に巻きついた蛇や全体の姿が,若いころの作品といいつつもガウディだな。と思わせる姿です。

現在は蛍光灯ランプが入れられ夜間活躍していますが・・・,もう少し中に入れるものを工夫したほうがいいかな・・・。白色蛍光灯はあんまりにも・・です。

Photo_7

途中,サン・ジュセップ市場を見物。野菜や果物が色とりどりできれい。魚介類も海が近いせいか種類が豊富です。魚も日本で見るような魚も多く見かけます。ドバイで見る魚よりは馴染みがある感じです。そんな市場を後に海まで足を伸ばしました。

Photo_8

ここは地中海です。海と空の青が際立ちます。海水浴(というか甲羅干し)をしている人でとても賑わっています。海の家もおしゃれです。トップレスのおねいさんも案外多くいらっしゃいました。ドバイでこれをやると逮捕です。

Photo_9

この日の夜はまたレイアール広場に戻ってフラメンコを楽しみました。ここは日替わりのため毎日内容が異なるのです。この日のダンサーさんは男性でした。
フラメンコというと女性のイメージが強かったので,えっ?という感じでしたが,男性のフラメンコの力強さもよかったです。

スペイン観光は概ねこんな感じで終了しました。

そして残念伝説もいくつか。

カタルーニャ音楽堂:モンタネールの最高傑作。世界遺産にも登録されています。大ホールのステンドグラスはそれはもう美しいの一言。・・らしい・・。このときちょうど修復中で中に入ること叶わず。

グエル邸:ガウディ初期の傑作。ここも修復中。幕が張られて外観すら見ることできず。

カタルーニャ美術館:思ったより広く,時間切れにて入ったものの半分しか見学できず。

闘牛:スペインでの滞在期間に日曜日が含まれていなかったため,闘牛は見れませんでした。お祭り期間中以外は,基本的には日曜日の開催らしい。

トマト祭り:旅行期間中の8月29日でしたが,時間・距離・日程にあわず断念。

また機会があれば行ってみたい国の筆頭ですね。以上スペイン旅行記でした。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年9月 8日 (土曜日)

修理完了!

Cimg5767 朝8:30早々に連絡を入れて修理に来てもらいました。

今回は,午前中に来訪・修理完了。奇跡だ!

ついでと言ってはなんですが,近い将来に同様の破損が起こるであろう,もう一つの水栓も交換してもらいました。

引っ越して来て4か月。全ての水回りを修理したような・・。ほんと,もう勘弁してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また湧きました・・・。

Cimg5747我が家の前で発生した”湧水事件”はこんな感じで収束を迎えております。

ほじくり返していた穴はきれいに埋め戻され,歩道のレンガも元通りに。外すときに欠けたり・割れたりしたレンガは新しいものに取り換えて行ってくれました。

しかし・・この残された瓦礫はどうしろと?現在放置状態です。

そして今日・・また新たな場所から水が湧きました・・・。

Cimg5712 それが発見されたのは,こなつと庭で遊んでいた時のことでした。

ようやくこなつの毛刈りが一段落したので,できあがりを写真撮影したり,こなつは芝刈り(芝を食べるの意)にいそしんだり,パトロールしたり。

そこでふとした疑問が。

庭のスプリンクラーの水栓まわりがびっしょり濡れています。今日はスプリンクラーは使用していません。洗濯物も1~2時間で乾く日差しのなか,地面が濡れているなんてありえません。

・・・・おかしい。

よくよく見ると水が浸みだしてきているのが見えるような・・?ちょっと水栓まわりを掘ってみました。

Photo_2 

あ~出てる出てる。出ちゃってんの。スプリンクラーの水栓の根本から水がちょろちょろ漏れています。確認のため掘った穴があっという間に水でいっぱいに。そこから水が溢れ出しています。

そして致命傷。水栓が折れました。水がほんとに止まりません。

わ~連絡・連絡。

しかしながら,業者さんの答えは・・今日は行けません。というか行きません。

今日は金曜日。イスラムの休日です。金曜日は業者はまったく稼働していません。よほどの緊急事態でない限りは来てくれないとだろうな。とは思いましたが,やっぱりね。

ということで,明日までこのままに。

今回は我が家の敷地内の話で,水漏れはそのまま我が家の水道代に直結なんですが~。朝まで放置しておいたらどのくらいの量が流れていくのか恐ろしいのですけど。

Cimg5753 まぁドバイに暮らす人で,水トラブルにあったことがない人なんていないさ。

と自分を慰めつつ,沈む夕日がなぜか滲む
ドバイの夕方18:30。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木曜日)

アントニオ・ガウディ

スペイン旅行の後半は,バルセロナへ移動です。今回の旅行の最大の楽しみ!ガウディの建築を巡る旅です。

有名なところではサグラダ・ファミリア聖堂がよく知られていますが,バルセロナには多くのガウディの遺構が残されています。

ほんと不思議な雰囲気と,ころんとした手触りのイメージ。色使いも可愛らしく,自然の造形からヒントを得ているデザインは自然とよく調和していたり,逆に強い印象をもたらしています。

残念なのは・・・コンデジの性能ではガウディ建築に太刀打ちできない!のである。とりあえず,がんばって撮った写真の数々です。

とにかく多いので,まぁ流して見てください。

Photo_3 

む~。やっぱりサグラダ・ファミリアには青空がよく似合うのです。1882年の着工。現在完成している塔は8本。あと10本立つ予定。まだまだ続きそうですねぇ。西側正面・左側正面ともそれぞれ彫刻が施されていますが,なかなかカメラで捉えるのは難しく。

Photo_4

中はまだ”がらんどう”で,屋根のないところも。足場があちこちに組まれ,まさしく工事現場です。

Photo_5

しかし,1926年にガウディさんが亡くなってから,多くに人たちがその遺志をついで建築が進んでいるってすごいなぁ。と思います。

Photo_6

内部のデザインも面白く,巻き貝や木・花・キノコ・波などがモチーフになっています。

Photo_7

エレベーターで上にあがるとバルセロナの街が一望できます。登る価値あり!降りる途中の石の窓からはやっぱり工事現場が見えるのでした。

大雑把に写真を撮っていますが,こだわって撮り始めたら何日だって居られそうです。ほんとに一つ一つがおもしろい!

Photo_8

お次は,サン・パウ病院です。世界遺産に登録されています。そして驚くことに,現役の病院です。実際に患者さんやDrが庭を歩いているのを見かけました。

ここはガウディと同じ時代の建築家・モンタネールの作品です。またまた不思議空間です。さすがに現在も病院として機能していますので,内部には見学ツアーに乗らないと入れません。

Photo_9

救急車が止まっているあたり,間違いなく病院でした。

こんな病院で働けたら楽しいだろうな~。ちなみに,14万5000㎡の中にこの手の建物が48棟建っています。敷地内に一歩入ったら,いつの時代かわからなくなりそうです。

Photo_10

ここはグエル公園。バルセロナの街を見下ろす山の手に位置します。サン・パウ病院から歩いたら,もんの凄い坂を1km以上も歩きました。地下鉄最寄駅からも相当な坂道を登ります。歩きたくない人は観光バスに乗ってください。

Photo_11

この公園にも,ガウディのデザインがそこここに。エントランスのドラゴンさんはちょー人気者でなかなか近付けず。ドラゴンというよりはイグアナだろこれ・・・。

Photo_12

可愛らしいガウディデザインの家も建っていました。真ん中のピンクの家は実際にガウディが住んでいた家で,現在はガウディ博物館になっているとか。

Photo_13

ここは,カサ・ビセンス。総タイル張りのまたちょっと雰囲気の違う建物です。ガウディ建築の処女作です。現在はれっきとした個人のお宅です。

2

見た目とっても奇麗な建物でしたが,夕方になって光量が落ちてきているのとカメラの設定が上手くいっていないのとで,奇麗な色や模様が上手く写りませんでした・・残念!

Photo_14

こちら,カサ・パトリョです。この建物のテーマは”海”?だそうですが・・・。バルコニーがなんだか骸骨の目のあたりみたいで,ちょっと奇妙な建物です。外壁がガラスモザイクで装飾がされていて,ここもとてもきれいな建物です。

午前中の日が当たる時間が奇麗かも。中が見学できます。

すっかり「私のアルバム」状態になってしまいました。
今回の旅行ではほとんど(後から確認したら)建物の全体像を撮りまくってましたが,もっと特徴をとらえたり,もっと寄った写真があってもよかったなぁ。と。

スペインに行くときは,望遠レンズと広角レンズを持っていくのがおすすめ。建物が大きすぎて,コンデジでは寄り切れなかったり,入りきれなかったり・・くやしい思い数知れず。

でも憧れのガウディ建築の一端に触れることが出来て,とても楽しい1日でした。
とさ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水曜日)

事件発生,家の前に水が湧く

事の起こりは,昨日18:00頃。こなつの散歩に出掛ける時に気付きました。

Cimg5675 我が家のちょうど真ん前の歩道。レンガの間から水がふつふつと湧いているのです!それも1か所ではなく5~6か所から。様相はまるで”柿田川湧水”状態。

この時点では,湧き始めてからまだあまり時間がたっていない様子。水の流れの先頭が,1ブロック先で確認できました。

また水がらみの故障か!いわゆる水道管の破裂ですね。これは。

とにかく我が家の水メーターを確認したところ,メーターがぐるんぐるん回っていることもなく,どうやら直接的な被害は受けてないようでした。

Cimg5673 それにしたって我が家の貯水タンクに入る前の水道管だったりすると,そのうち水が尽きてしまいます。

連絡・連絡!

いつもの如く,「すぐ行く」といいつつも2時間程経って業者さん到着。

業者さんの確認によると,家庭用水の水道管ではなく,街路樹などのスプリンクラー用水道管からの漏水である。とのこと。

しかし,スプリンクラー用水道管の管理は自分たちの担当ではないので,担当に伝えておく。と。で,昨日はこれで終了。

我が家には直接被害のある状況ではなかったので,確認してもらってひと安心。でもあいかわらず水はふつふつ湧いてるんですけど~。

見ただけで水がどっちの水道管から漏れているのか確認できるのも凄いけど,そのまま水を出しっぱなしで放置していくのも凄い。

結局,水は一晩中湧き続けました。

Cimg5681 そして朝9:00から工事が始まっています。スムーズに始まってちょっと意外・・・。暑い中ご苦労様です。

12:00現在,こんな感じです。今日中に終わるかな?

業務連絡:だんなさんへ
帰宅時間にまだ大穴が開いている可能性があります。車を落とさないように注意してください。

大事件発生のため,スペイン旅行記は次回へ。

いつもの生活に戻ったなぁと実感する瞬間。それは水関係のトラブル。不幸中の幸いはラマダン前だったということ。ラマダン中だったら水漏れは1か月続いたことでしょう。おおげさ?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火曜日)

マドリッド

Cimg4881 8月27日深夜ドバイを出発し,同日朝8時にマドリッドに到着しました。所要時間およそ
10時間のフライトです。

スペインは現在サマータイムで,ドバイとの時差は2時間(日本とは7時間)です。日の出時刻が7:30頃・日の入時刻が21:00頃と遅く,昼間時間が4時間ほどずれているこの現象に,時差ボケとはちがう体感時間のずれが・・・。時計で見る時間と,視覚で捉える時間が全く合ってないという奇妙な体験をしました。

気温は昼間34℃くらいまで上昇しますが湿度が35%と低く,日陰に入れば体感温度は25℃くらいと涼しく快適でした。夜間は18℃くらいまで下がります。

マドリッド市内は地下鉄網が発達しているので,地下鉄を利用すれば行きたい所のほとんどに行くことができます。よほど夜遅くに乗らなければ大丈夫です。

”スペインの首都マドリッド。歴史と生活のぬくもりを感じさせる旧市街,政治・経済の中心としてダイナミックに躍動する新市街を合わせもつ,活気あふれる都市”
by地球の歩き方

そんなマドリッドで2日間を過ごしました。

Photo_2 

マドリッドは大きな街ですが,道1本入り込むとヨーロッパらしい古い町並みがあちこちに残り,街道沿いには大きな街路樹が日陰をつくる,昔ながらの景色が見られます。

Photo_7

↑@スペイン広場:セルバンテス(ドン・キホーテの著者)像とドン・キホーテ

のんびりとした広場でわんこのお散歩スポットにもなっている様子。ここでシュナちゃんに出会いました(写真撮り忘れ)。この時点で,すでにこなつが恋しい状態に。

一歩公園を出ると近代的な高層ビルに囲まれ,街中の憩いの場といった趣。

Photo_8

↑@大通り,グラン・ビア:20世紀初め,それまでの古い小さな通りがつぶされて,大通りが開通。パリやニューヨークを模倣して造られた大通りです。

レストランやブティックが立ち並び,なぜか三越も。有名ブランドが集まっていますが,なにぶんにも現在ユーロが高いので・・・・ね。ウインドウショッピングを楽しみました。

Photo_5

↑@王宮:1746年完成の王宮です。一部中の見学ができますが,現在も公式行事使われているため内部は”No Phot”です。残念。

左下の写真。外観を撮っていたら意図せずしてPOLICEが写り込んでしまい,怒られました。どこでも同じですが,POLICEや警備員さんを写真に撮るのはNGです。以後気をつけます。

Photo_6

マドリッド2日間はプリンシペ・ピオ駅から徒歩1分に宿をとっていたので,地下鉄を駆使して相当な距離を歩き,移動しました。

ただ・・・残念ながら,マドリッドは距離を歩いた割には観光名所と呼ばれるところはあまりまわれませんでした。迷って歩きすぎて疲れたのと,休館日だったり改装中だったりと,なんだかちょっと冴えない状況の連発で,それ以上はもう他を訪ねる気力もなく。

メインはバルセロナなので,マドリッドはそこそこで終了。まずはスペインの風を感じたということで。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007年9月 3日 (月曜日)

こなつの受難はまだ続く

Cimg5650昨日DKCから帰って来てようやく安心したのか,今日は朝から眠りを貪っているこなつさんですが・・・。

毛刈り族の魔の手から逃れることはできず,寝ているところを(無理やり)起こされて,旅行前から続いている毛刈りの続きです。

どうやらこなつのトリミングはだんなさんの役割になりそうです。日常的に設計などに携わっていることを考えると,造形をすることに関してはだんなさんの方が上手でしょう。

ただね,ちょこちょこいじらないで,やるとなったら一気にやってほしいんですけど。

こなつ,もう少しのがまんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきました。

スペインより,フランス乗継35分間のちょー難関を乗り越えて,本日朝8時の到着便にて無事ドバイに帰ってきました。

我が家のVacationは8月27日~9月2日の1週間(滞在期間正味5日間)スペインはマドリッドとバルセロナを満喫してきました。

Cimg5108 のんびりとは程遠く,毎日歩け歩けの強行軍でしたが,見たかったサクラダファミリアを始め,ガウディ建築を巡り,おいしいものやスペイン情緒に触れ,楽しい1週間を過ごしてきました。

写真もばしばし撮ってきましたので,整理しつつおいおい旅行記を綴っていきたいと思います。

本日のところは,こなつのお迎えがまず先ということで。

旅行中,何かにつけ”こなつどうしてるかなぁ”とか”今頃,はうはういってないかなぁ”など心配を募らせていましたが,食欲や元気が落ちるということもなく,DKCでそれなりに元気に暮らしていたようです。

とはいえ,1週間はやはり長かった。お迎えに行ったときはもう,うはうは興奮状態!”待ってたよ~”と云わんばかりの喜びよう。そりゃそうだよね~。お外で遊んでいたのか,体が熱い状態。でも元気いっぱいでまずはひと安心。

DKCスタッフさんによると滞在中のこなつは,子犬のように元気で,いつも人が来るのを待っていて常にスタッフさんの後をつけまわしていた。とのこと。甘えたかったり・寂しかったりだったのかなぁ。との思い半分,日々甘やかしすぎか?と思ったり・・・。

Red_spot

まぁそんなこんなありましたが,こなつも無事に帰宅しました。

しかし1点問題が・・・。前回のお泊まりの際にはお尻の毛の薄いところが虫刺されにやられて,5~6か所も発赤疹を作りましたが,今回はお腹のど真ん中に直径1㎝はあろうかという大きな発赤疹ができていました。

DKCのスタッフさんがいうには,暑さによる「あせも」だとか。・・・犬って体に汗はかかないのでは・・・?よくわかりませんが,とくに痒みなどはない様子なので,天然成分で作られた抗炎症剤をぷしゅぷしゅして様子をみることに。

帰宅してからのこなつは家中をパトロールし,大興奮でボール遊びをした後は,安心したのか爆睡モードに。

1週間,よくがんばりました。今日はお互い安心して眠れそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »