« いい湯だな。あははん | トップページ | 狂犬病予防注射 »

2007年7月11日 (水曜日)

心が痛む話

昨年,ちょうどドバイに渡る頃に,飛行機を利用したフレンチブルのビスコさんが熱中症で亡くなるという事件がありました。あまりにも胸の痛む話で,ご家族の心中を察すると涙が止まりません。

事件の概要は,次のとおりです。

ビスコさんのBLOGに当時の詳細がまとめられていますが,読めば読むほど悲しくて・・・。ワンクッションおいて「コーギーBLOG」のはるぱぱさんの記事にリンクさせていただきました。

http://blog.livedoor.jp/k91024/archives/50713967.html

何故このような話を・・と思われるかもしれませんが,この事件から約1年。7月2日にビスコさんを乗せた航空会社から,特定犬種フレンチブルドッグ・ブルドッグ預かり中止が発表され,7月20日より実施されるということです。

Cimg3190この発表を聞いて,なんだかもやもやするんです。

言い方が悪いのですが,死んじゃった犬種はもう預からない。っていわれているみたいで・・。ビスコさんの事件は,犬種だけの問題だけではなかったはずです。

確かに体温調整が苦手な犬種もあるとは思うのです。体温調節が上手じゃないからこそ,それをわかって安全にフライトできる工夫をしてほしいと思うのは,飼い主のわがままなのでしょうか?

海外に暮らすわんこ達にとっては人ごとではない話です。 私たちにとっては「ただの犬」ではなく,「大切な大切な家族」なのです。

今日は,こなつも日本への帰国準備で,狂犬病予防接種の予定です。

帰国(日本入国)の手続きは慎重に。不足があると180日間のムショ(大阪検疫)暮らしになってしまいます。

病院レポートは,また後ほど。

|

« いい湯だな。あははん | トップページ | 狂犬病予防注射 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137960/7101925

この記事へのトラックバック一覧です: 心が痛む話:

« いい湯だな。あははん | トップページ | 狂犬病予防注射 »