« 洗ってみた | トップページ | DUBAI MARINA »

2006年12月22日 (金曜日)

ドバイの出産事情

閑話休題。

本日ひょんなことから新生児に関する相談事を受けました。ほんの短時間,お電話でのお話でしたが,日本とドバイの医療機関の対応の違いを垣間見ることが出来ておもしろかったです。

日本とドバイの医療機関の対応の違い」と書きましたが,ちょっと語弊があったかもしれません。基本的に,今日のお話と「ドバイ情報 別CAN ブログ」でも紹介されている出産コメントを拝見させていただく限りにおいて,それほど違いはないと思います。

まぁ,お国によって出産・育児の価値感がけっこう違います。どこに価値を求めるのか?(助産風俗といいます。そこがおもしろいのです。)そこからいろいろな出産・育児の方法が枝分かれをしていきます。しかしながら基本は同じですので,きちんと意向を伝えることが出来れば,そう困ることもないのでは?と思うのです。

ただ,ドバイでは出産後の退院が早いですね。出産後1泊または2泊が普通のようです。日本の場合は出産後5~7日目くらいの退院が一般的だと思います。

入院期間の設定について,日本の考え方としては,(たぶん)

  1. 新生児の生理的体重減少のピークから順調な体重増加の確認
  2. 母乳の分泌状況確認と,安定した分泌までの乳房管理指導
  3. 新生児の生理的黄疸のピークから順調なビリルビン値減少の確認(正常範囲内での経過であるかどうかの確認)
  4. 育児指導

などなど。で,結局入院期間が長くなります。そのぶん生理的変化などは入院中に解消してしまうので,すこーし安心して退院できるというメリットも。

ドバイの場合は,早く退院するのでポイントとなる生後日数(例えば,生理的黄疸がピークになる生後4・5日目あたり)を押さえて受診をするようになっているようです。退院が早いのは,もともと出産は病気ではない。とか医療費のこととかが理由なのでは?(コレはあくあでも私の考えです)

お話をしていて,ドバイでは退院が早いぶん不安も持ち帰ってこなくてはならない場合もあるんだなぁ。と思いました。黄疸のこと・お臍の消毒のこと・うんちのこと・鼻づまりのことetc・・・。

今日は久しぶりに育児に関する指導ができて楽しかったです。育児は大変なことが多いですが,楽しく育児してほしいな。がんばってください。

この出産事情については,少ない情報から私の感想を書いています。正しくない情報があるかもしれません。そこのところはご容赦を。たわごとです。

本日は以上!

|

« 洗ってみた | トップページ | DUBAI MARINA »

コメント

Happy Chiristmas!
小夏ちゃんのママさんのような方がいらっしゃると
安心ですね。

妊婦のお友達に
このBlogを教えてもよろしいでしょうか?

投稿: しず | 2006年12月25日 (月曜日) 21:40

しずさん

たわごとにコメントいただいてありがとうございます。

MWとしてドバイの妊娠生活には興味をひかれています。
お役に立てるかわかりませんが・・。


投稿: こなつまま | 2006年12月25日 (月曜日) 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137960/4632643

この記事へのトラックバック一覧です: ドバイの出産事情:

« 洗ってみた | トップページ | DUBAI MARINA »